第79回「新年事始」

2017年1月12日 aoyama 0

第79回「新年事始」 休まず描こう、と心に決めていたのですが 年末年始きれいに「感染性胃腸炎(病院の先生曰く「ノロかもよ」)」にかかりました。 人生で初めてです、こんなに吐いたの。 そして下痢も熱もいろいろやって来まして、共に寝てました。 今はすっかり元気になって原宿でバイト始めました。 [第78回 […続きを読む]

第49回 オオカミ男の九州満喫生活!? 「桜に地震、雨、集会」

2017年1月10日 aoyama 0

HERO‘S 大神 龍 年齢不詳 職業フリーライター 見た目と異なり性格は温厚で性質はその名の通りオオカミ気質。群れるのは嫌いだが集うのが大好きなバイク乗り。 時折、かかってこい!と人を挑発するも本当にかかってこられたら非常に困るといった矛盾した一面を持つ。おまけに自分の評価は自分がするものではない […続きを読む]

第48回 オオカミ男の九州満喫生活 九州突入編「長崎はなぜか雪だった」

2016年12月28日 aoyama 0

HERO‘S 大神 龍 年齢不詳 職業フリーライター 見た目と異なり性格は温厚で性質はその名の通りオオカミ気質。群れるのは嫌いだが集うのが大好きなバイク乗り。 時折、かかってこい!と人を挑発するも本当にかかってこられたら非常に困るといった矛盾した一面を持つ。おまけに自分の評価は自分がするものではない […続きを読む]

第15回「行ってきました。千葉の穴の穴場?!」

2016年12月27日 aoyama 0

カメラマン 志位充一 職業はカメラマン。誰にも優しい人柄で、あらゆる方面に幅広い人脈を持つ。愛車SL230でホンモノのSL(蒸気機関車)を追いかけ回す筋金入りの撮り鉄でもある。 第15回「行ってきました。千葉の穴の穴場」 こんな神秘的な? 素掘りのトンネルが千葉にはいっぱい!  鉄道の撮影でよく行く […続きを読む]

第77回「温かいお話」

2016年12月26日 aoyama 0

第77回「温かいお話」    今月もお品書きからスタートです。右から順番に見ていきましょう。向かって右からですよ。船で言えば右舷(海上自衛隊では「うげん」ではなく「みぎげん」と言うそうです)、英語ではStarboard(Steering boardが語源)です。ちなみに左舷はport。大昔の船は右舷 […続きを読む]

二輪車独立枠の高速道路料金実現へ前進! 自民党政調・二輪車問題対策PT、その後——

2016年12月20日 aoyama 0

 2016年9月29日付けのメモ。ミスターバイクBG誌編集長の渡辺からメール。「BG誌8月号の自民党政調の二輪車問題対策プロジェクトチーム(PT)に関して、その後どうなっているのかと昨日読者さんから電話あり」——。  8月号では以下の見出しの記事が掲載されていた。そして同じ内容の記事がWEBミスター […続きを読む]

添乗員ヨッティのバイクツアー裏レポート その25「ニュージーランドのマニアな博物館めぐりの巻」

2016年12月16日 aoyama 0

楽しい旅を作るのは添乗員の仕事 何度も添乗した所でも、かならず新たな発見はある なにかおもしろいものはないか? たのしそうなところはないか? 添乗員はいつでもどこでも探しているのです お客様を喜ばせるには、まず自分から いつでも、どこでも新鮮な気持ちを忘れずに 道祖神のツアーの楽しさはそうやって作ら […続きを読む]

その51 「コーヒー通」

2016年12月15日 aoyama 0

http://www6.plala.or.jp/MIG 旅にも出ない、ロマンも語らない、ただそこにバイクがあるだけの毎日 その51 コーヒー通 バイク乗りはコーヒーを飲む。 ちょっと寄ったコンビニで、ツーリング途中のサービスエリアで、出かけた先の目的の場所で。 缶コーヒーであったり、ポットに詰めてき […続きを読む]

第62回 2016年、気づいた事実。夜道は見えづらくなりました…(T_T)

2016年12月12日 aoyama 0

日暮れが早いと一気に気分が萎えるわ 夜道だろうが何だろうが ガンガン走れてたのにさ 最近じゃぁ夕暮れから焦点が合わない!! 夜道も以前より、暗~~く感じる…? 道が見えにゃ~~い!! えっ!? えっ!? あ? まさか…老眼???? いーや、そんなことないっ! だってまだ新聞もふつーに読めるし で ネ […続きを読む]

第73回『それでもプロですか?』

2016年12月10日 komiyama 0

第73回『それでもプロですか?』  国土交通省がバス事業者の団体である“公益社団法人日本バス協会”宛てに「乗務中の携帯電話・スマートフォンの使用禁止の徹底について」という通達を出した。  ご存知の通り、バスの運転手がスマホのゲームアプリを見ながら運転していたことが露見し、ひとつ間違えれば重大な事故を […続きを読む]