Hondaコレクションホール収蔵車両走行確認テスト「闘うDNA」二輪編その3

Hondaコレクションホール収蔵車両走行確認テスト「闘うDNA」二輪編その3

RVF/RC45
こちらで動画が見られない方は、YOUTUBEのサイトで直接ご覧ください。

RCBからRS1000と続いた伝統の並列4気筒の耐久レーサーは、’84年から世界耐久、TT-F1の排気量が750ccとなるレギュレーションの変更を見越した試作的な要素の強い初のV4耐久レーサーRS850Rへと代わり、1983年に投入される。この戦略は見事に的中し以後V4レーサーは、RS750Rを経てRVF750へと進化する。’87年には当時としては驚異的な性能と価格で大きな話題となり、今でも人気の高い市販限定車のVFR750R(RC30)も登場し、ホンダV4は世界選手権、鈴鹿8耐などTT-F1クラスで快進撃を続けた。
 ほぼ改造が自由のTT-F1から、市販車ベースで改造範囲の狭いスーパーバイクにレギュレーションが変更となった1994年1月、RC30の進化バージョンとして登場した市販モデルがRVF/RC45であった。500台限定200万円で発売されたこのモデルもちろん公道も走ることができるが、レースを大前提として開発されており、チタン合金やマグネシウムなどの高価だが軽量な素材やカムギアトレイン、PGM-FIなどワークスレーサーRVFのノウハウが惜しみなく投入された。
 このRVF/RC45ベースのスーパーバイクレーサーは、鈴鹿8時間耐久レースや、全日本スーパーバイクなどで大活躍をした。日本人にとってなじみ深い真夏の祭典、鈴鹿8耐では初登場の1994年以降、2気筒のVTR1000SPWが投入される2000年まで、4台のワークス勢がすべて転倒してしまった’96年以外はRVF/RC45が首位を独占。1990年代後半は、ホンダV4の750ccレーサーの完成型とも言えるRVF/RC45の黄金時代を築き上げた。


RVF750

RVF750

RVF750

RVF750

RVF750

RVF750
RS750は、1985年にアルミツインチューブフレーム、点火順序変更、4-2-1マフラーなど大幅に改良されRVF750となり、ボルドール24時間や鈴鹿8耐で優勝するなどの活躍を見せた。’86年にリアがプロアーム、‘88年にはベースエンジンがVFR750FからVFR750R(RC30)系へ進化し、さらに戦闘力がアップした。’91年型のこのマシンはスプリント化が進んでいた8耐専用に作られたスペシャルで、外観上は前年モデルからフロント倒立フォークとなった程度だが、細部は徹底して煮詰められた。前年はリタイアで涙を呑んだガードナーとドゥーハンのWGPコンビが再び走らせ、見事雪辱を果たした。

RVF

RVF/RC45

RVF/RC45

RVF/RC45
ゼッケン33番ホリプロホンダwithHARTは1997年の鈴鹿8耐優勝車。ライダーは伊藤真一、宇川 徹ペアで、フルタイムの8耐(‘82年に日本人ペアが優勝しているが、台風で6時間に短縮)では初の日本人ペアの優勝。排気量749cc、最高出力160ps/14500rpm以上、車両重量160kg以上。

RVF/RC45

RVF/RC45

RVF/RC45

RVF/RC45
全日本スーパーバイクモデルは、前年チャンピオン、ゼッケン1番の伊藤真一、ラッキーストライクホンダ仕様。連覇が期待され開幕戦は優勝で幸先よいスタートを切ったが、第2戦3位、第3戦リタイア、第4戦33位、第5戦1位、第6戦6位、第7戦2位、第8戦4位、第9戦4位、最終戦6位と不本意な成績で終わり、翌年からは2気筒のVTRにスイッチし、有終の美を飾ることはできなかった。

[戦うDNA その2 二輪編-2|その3 二輪編-3|その4 二輪編-4]

[四輪編へ]

Hondaコレクションホール収蔵車両走行確認テスト「闘うDNA」

二輪編-1・ホンダミュージックが世界を征す]
●1966年 RC116(50cc)
●1965年 4RC146(125cc)
●1966年 RC149(125cc)
●1966年 RC164(250cc)
●1966年 RC166(250cc)
●1967年 RC174(350cc)
●1968年 RC181(500cc)

二輪編-2・トリコロールはここから始まった]
●1972年 CB750
●1975年 CB500R
●1976年 RCB
●1980年 RS125RW-T

二輪編-3・ホンダV4黄金時代]
●1991年 RVF750
●1997年 RVF/RC45ホリプロホンダwith HART(8耐仕様)
●1999年 RVF/RC45ラッキーストライクホンダ(全日本スーパーバイク仕様)

二輪編-4・7度の世界タイトルを獲得したワークスレーサー]
●1993年 NSR250(岡田忠之仕様)
●1997年 NSR250(マックス・ビアッジ仕様)
●2001年 NSR250(加藤大治郎仕様)
●2003年 RS125RW(ダニ・ペドロサ仕様)

二輪編-5・無敵の6年連続チャンピオンなどWGP500クラスで他車を圧倒]
●1984年 NS500(フレディー・スペンサー仕様)
●1984年 NSR500(フレディー・スペンサー仕様)
●1985年 NSR500(フレディー・スペンサー仕様)
●1988年 NSR500(ワイン・ガードナー仕様)
●1997年 NSR500(マイケル・ドゥーハン仕様)
●2002年 NSR500(加藤大治郎仕様)

二輪編-6・MotoGP元年をロッシとのコンビで圧勝した新世代の5気筒レーサー]
●2002年 RC211V(バレンティーノ・ロッシ仕様)


四輪編-1・F1創生期 無謀とも思えた挑戦で2勝の快挙]
●1965年 RA272
●1967年 RA300
●1968年 RA301

四輪編-2・F1第二参戦期 エンジンサプライヤーとしての挑戦]
●1988年 ロータス100T
●1987年 ウィリアムズFW11
●1988年 マクラーレンMP4/4
●1989年 マクラーレンMP4/5
●1990年 マクラーレンMP4/6

四輪編-3・GTカー創成期 自動車メーカとしての名声を高めたマイクロ・スポーツの活躍]
●1966年 S800GT-1仕様
●1968年 S800マーシャル仕様

四輪編-4・ツーリング&GTカーの時代 市販車の高いポテンシャルをサーキットでも証明]
●1983年 ヤマトCIVIC
●1987年 モチュールCIVIC
●1993年 JACCS CIVIC
●1998年 ギャザズ CIVIC
●1995年 NSXルマン

[名車図鑑目次へ]