ヤマハがF.I.搭載の新ATコミューター「TTX」をタイで発売

「TTX」は、タイの20代男性をターゲットとしたニューテイストの115cc、ファッショナブル・スクーターで、ヤマハのタイ国内のグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)が2012年4月から発売するという。

 オフロードテイストを取り入れたスタイリングを持つ車体に、YMJET-FI(Yamaha Mixture Jet-Fuel Injection:主通路とは別に設けた副通路からのエアアシストを行い噴射燃料と空気を効率的に混合させ、実用域での燃費向上に貢献するFIシステム)を採用した115ccエンジンを搭載する。

「タイの二輪車市場は年間約200万台(’11年/ヤマハ調べ)で推移。このなかで20代男性を中心に、個性に合わせたドレスアップをするなど、自己表現ツールとして二輪車を楽しむ文化が定着しています。こうしたお客様に向けた次世代ATコミューターが新製品“TTX”で、R&D機能をもつタイのグループ会社“YMAC”(Yamaha Motor Asian Center Co., Ltd.)を中心に企画・開発を進めました。外装部品を重ね合わせた“レイヤー構造”を施し、スポーティー且つ個性的なスタイリングに専用サスペンション・幅広タイヤ(後輪100/70-14)などを採用したニューテイストのモデルです」(ヤマハのリリースより)。

 先にお伝えしたATコミューター「NOUVO SX」と共に、3月27日から開催された第33回バンコク国際モーターショーにて発表、展示した。また、この両製品と2012年1月からタイに導入しているYMJET-FI搭載モデル「Mio115i」は、ヤマハの中期成長戦略「アセアン二輪車における商品力・収益力向上」の取り組みの一翼を担うラインナップでもある。ちなみに販売計画台数は12万台!(年間、タイ国内)。