DUCATIが2台のスペシャル・スクランブラーを発表

 ドゥカティは、1月20日~22日にイタリアのヴェローナで開催された「モーターバイク・エキスポ2017」において、2台の新しいスペシャル・スクランブラーを公開した。

 Ducati Scrambler R/T、およびScrambler Essenza(エッセンツァ)と命名された2台は、カスタムビルダーであるAnvil Motociclette(アンヴィル・モトチクレッテ)と、South Garage(サウス・ガレージ)が創造力とクラフトマンシップを結集して製作したモデルだ。

Scrambler_RT_09s.jpg
Ducati Scrambler R/T。

 パルマ出身の若手カスタムビルダー2名によるカスタマイズ・ユニット、アンヴィル・モトチクレッテの手になるDucati Scrambler R/T Specialは、ファッションの世界にインスピレーションを求め、1970年代のDucati R/T(ロード&トラック)の精神を蘇らせつつ、ドゥカティ スクランブラーに新たなページを書き加えるモデル。

Scrambler_Essenza_01s.jpg
Scrambler Essenza。

 もう1台のスペシャルモデル、Scrambler Essenzaは、サウス・ガレージの作品で、ドゥカティ スクランブラーをベースとして、カフェレーサーとは何かを改めて提案する作品となっている。Essenzaは、伝統的なヴィンテージレーサー・スタイルを再現しながらも、イタリアならではのクラフツマンシップと創造性をハッキリと感じさせてくれる。Essenza(本質)という名称は、自らの心にあるコンセプトを忠実に表現し、ルールを破らずにルールを変え、最良のバイクを創り上げる決意の表れという。フレームやサスペンションに派手な処理は加えず、オリジナルのドゥカティ スクランブラーに忠実でありながらモダンで洗練された“スチームパンク”を表現している。

 モーターバイク・エキスポ2017のドゥカティブースでは、ミラノショーで紹介されたニューモデルを含めて、スクランブラー・ファミリー全モデルが勢揃いし、Desert SledやCafe Racerに加え、Iconシルバー・アイスやClassicシュガー・ホワイトといったニューカラーも披露された。スクランブラーの個性を強調するアクセサリー群により、スクランブラー独自のカスタマイゼーション・ワールドは、誰もが気軽にアクセスできる存在になっている。

■DUCATI JAPAN http://www.ducati.co.jp/