2017年シーズンに向けてCBR600RRのレースベース車を継続販売

 CBR600RR レースベース車 995,760円(2016年12月20日~2017年1月7日受注)

★ホンダ CBR600RR レースベース車 車両解説

2017年シーズンに向けてCBR600RRのレースベース車を継続販売

12月20日、ホンダは、2017年のシーズンに向けてCBR600RRのレースベース車を受注期間限定で継続販売すると発表した。

CBR600RRのレースベース車は、2010年モデルでブレーキ周りの改良を受けた後、翌’11年、’12年モデルは継続販売、そして2013年モデルでは、新たに空力特性に優れたニューデザインのカウル、作動性に優れたビッグ・ピストン・フロントフォークにさらにレース専用セッティングを施し、操作フィーリングを向上させるという新デザインの12本スポークホイールの採用などが行われた。その後、2014年モデル、2015年モデル、2016年モデルとメカニズム等に変更はなく、継続販売されてきている。

今回は、CBR1000RR レースベース車の方が市販モデルのCBR1000RRが2017年で新型に切り替わるためであろう、CBR600RRのレースベース車、単独での継続販売のアナウンスが行われた。

また、今回も現行モデルの継続販売ということで、発表、発売日の設定はなく、2016年12月20日から2017年1月7日が受注期間とされての販売となっている。

20130208_CBR600RR_RaceBase.jpg
写真は2013年シーズン向けCBR600RR レースベース車。2014年、2015年、2016年、そして2017年と継続販売。

★ホンダモーターサイクルジャパン プレスリリースより (2016年12月20日)

「CBR600RR レースベース車」継続販売のご案内

この度Hondaでは、「CBR600RRレースベース車」を受注期間限定にて継続販売いたしますので、下記のとおりご案内いたします。
CBR600RRレースベース車は、市販車ベースのレースでそのポテンシャルを発揮し活躍を続けております。
 

●受注期間
2016年12月20日(火)~2017年1月7日(土)
●メーカー希望小売価格
CBR600RRレースベース車 995,760円(消費税抜き本体価格 922,000円)
 
※国内認可モデルCBR600RRは、本年8月施行の法規制により生産を終了いたしましたが、レースベース車については公道走行に必要な許可申請とは関係がなく、法規制の影響はありません。
※CBR600RR レースベース車は2013年型モデルとなります。
※継続販売のため、発表・発売日の設定はありません。また、仕様等の変更はありません。
※価格にはリサイクル費用が含まれています。
※CBR600RR レースベース車はサーキット走行専用車であり、一般公道での走行はできません。また、登録してナンバープレートを取得することはできません。
※レースに参加される際には、各レースのレギュレーションにあわせた仕様に変更の上ご利用ください。
 

※問合せ先
「CBR600RR レースベース車」 http://www.honda.co.jp/CBR600RR/race/
「Honda お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」