ヤマハの電動バイク第4弾「E-Vino」で街を走ってみた。

2015年9月2日 komiyama 0

 これまでのモデルが電動バイク専用車両として開発されてきたのに対し、E-Vinoは見た目からもお判りの通り、20年近くの長きに渡って親しまれているレトロポップスクーター「Vino」がベースとなっているのが特徴。専用のスタイルもいいが、慣れ親しんだスタイルをもつことでより多くの人、中でも女性をターゲッ […続きを読む]

ヤマハが、都市部の女性にターゲットを絞った 電動バイク「E-Vino」を8月20日から発売開始

2015年7月30日 komiyama 0

こちらで動画が見られない、もっと大きな画面で見たいという方は、YouTUBEの動画サイトで直接どうぞ。https://youtu.be/76fV92OGbf0。  ヤマハは、市販エレクトリックコミューターの第4弾モデルとなる「E-Vino(イービーノ)」を8月20日から発売すると発表した。これまでの […続きを読む]

2014年「第4回 マスコミ対抗エコチャレンジ」今年は“もっと”頑張りました、G2(原付二種)って、やっぱスゲぇ~!!

2014年10月17日 aoyama 0

ご無沙汰です。原付二種の理想郷・G2連邦のピンキー高橋です。すっかり秋ですね。秋と言えば(唐突ではありますが)エコチャレンジの季節であります。「マスコミ対抗 エコチャンレンジ」の名前で、ホンダの本社(南青山)から栃木県のツインリンクもてぎを目指すエコラン・バトルであり、いかに原二バイクの経済性が優れ […続きを読む]

本田宗一郎杯Honda エコ マイレッジ チャレンジ2014 第34回 全国大会「究極の効率を追い求め、今年も熱戦繰り広げられる」

2014年10月7日 aoyama 0

 30年以上の歴史(第1回は1981年)を誇り、社会的にも広く認知された燃費競技。鈴鹿、桶川、日本自動車研究所(谷田部)と大会会場は移り変わり、第17回(1997年)大会より舞台はツインリンクもてぎに。“ホンダ エコノパワー燃費競技大会”の大会名は、第30回(2010年)を機に“Honda エコ マ […続きを読む]

YAMAHA PAS 2014年モデル 電動アシスト自転車「PAS」一気乗り試乗会

2014年2月26日 komiyama 0

写真上は、電動自転車PASの2014年モデルと記念撮影する事業開発本部SPV事業部長の森本 稔さんとモデルさん。その右写真は商品概要説明をしていただいたSPV事業部マーケティング部PAS商品企画担当主査の鹿嶋泰広さん。会場には2014年モデルがずらり。  毎年恒例となったヤマハの電動アシスト自転車、 […続きを読む]

ピンキー大統領+Sh mode G2エコラン秋の陣!

2013年10月17日 aoyama 0

秋と言えば「エコ マイレッジ チャレンジ全国大会」、つまりエコランのシーズンである。というわけでG2連邦・大統領のピンキー高橋が、全国大会の舞台となった栃木県・ツインリンクもてぎへ出陣! さらに今回は“小排気量バイク大好き”フォトグラファーの徳永氏(通称・徳さん)が記録係を兼ね帯同。二台の原二マシン […続きを読む]

究極”を追求する姿は速くなくとも美しい! 本田宗一郎杯 Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2013第33回 全国大会

2013年10月9日 aoyama 0

「エコ マイレッジ チャレンジ」のルールは、ホンダ製4ストローク50ccエンジンを搭載したマシンを使って「1リットルのガソリンで何キロメートル走ることができるのか?」というもの。燃費の限界に挑戦するイベントだ。今年は全410チームがエントリー。その全てのチームにドラマがあった。  10月6日(日)、 […続きを読む]

ヤマハ電動アシスト自転車、PASの2013年モデルを試乗

2013年3月19日 komiyama 0

『電動アシスト自転車、ヤマハPASの2013年モデルに乗る。』  アップデートを積み重ね、ヤマハの電動アシスト自転車・PASが今年で遂に生誕20周年を迎えた。ここ近年では年に2回ほど話題を提供してくれるPASだが、毎年春に開催される報道向け試乗会にて、2013年モデルの目玉であるトリプルセンサー搭載 […続きを読む]

本誌・独占独写独り跨り 無限「神電」ってなんだ?

2012年11月9日 aoyama 0

 1907年に始まったマン島TTレース。その歴史の中には、日本のホンダ、スズキなど世界への足がかりを掴むために、1950年代から‘60年代にかけて厳しいTTコースに勝負を挑んだ歴史があるのはご存じのとおり。一周60.725キロに及ぶマン島の公道コースを舞台に行われるクラシックレースだ。現在、もっとも […続きを読む]