第78回「SOBAフレームワーク」

2017年1月25日 aoyama 0

第78回「SOBAフレームワーク」 ※写真はイメージです。新年の。なにが? みかんが。   「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ」。前回記したように体育館の舞台から飛び降りる覚悟でAT◯K2016にバージョンアップしたばかりなのに「2017出ました。いかがっすか?」という案内が舞い込み、ふんまんやるか […続きを読む]

第77回「温かいお話」

2016年12月26日 aoyama 0

第77回「温かいお話」    今月もお品書きからスタートです。右から順番に見ていきましょう。向かって右からですよ。船で言えば右舷(海上自衛隊では「うげん」ではなく「みぎげん」と言うそうです)、英語ではStarboard(Steering boardが語源)です。ちなみに左舷はport。大昔の船は右舷 […続きを読む]

第76回「お品書きの謎を解くフリをして、くどくど説く」

2016年11月29日 aoyama 0

第76回「お品書きの謎を解くフリをして、くどくどと説く」    まずは、上の写真をご覧下さい。  特になんてことのない、どこの立喰・ソにもありそうなお品書きですね。さっそく上から順に見ていきましょうか。え? フレンドリーぶってるが、なんでそんなことにつきあうんだ? なるほど。でもね、こんな駄コラムを […続きを読む]

第75回「ぼくのなつやすみ(の絵日記の絵なし版)」

2016年10月28日 aoyama 0

第75回「ぼくのなつやすみ(の絵日記の絵なし版)    日本全国津々浦々の鉄道で殺人事件を巻き起こす西○京太郎先生。鉄のみなさんには、トリックがトリッキーすぎて評判が芳しくないようです。私は読んだことがないので詳しくは知らないのですが、新作が続々出ていますし、テレビドラマにもなる人気作品ですから、一 […続きを読む]

第74回「あじさいの晩秋」

2016年9月29日 aoyama 0

第74回「あじさいの晩秋」   「いつまでも子供みたいなことをやっている幼稚な人」または、キ○ガイ扱の鉄道趣味でしたが、お子様連れで電車を見に来る超ソフトなママ鉄から、新聞沙汰を起こすような超ハードなアナーキー鉄まで、鉄道趣味=鉄というキーワードで認知されるようになりました。ちょっと前なら(といって […続きを読む]

第73回「も〜もたろさん、ももたろうさん?」

2016年8月31日 aoyama 0

第73回「も〜もたろさん、ももたろうさん?」    桃太郎ゆかりの地は日本各地にあるようですが、頭がひとつもふたつもみっつも抜けているのは岡山でしょう。なんといっても、イネ科の穀物であるキビを粉にして作ったきびだんご(黍団子)を、岡山の餅菓子である吉備団子(現在の主原料はきびではなく餅米)と見事にリ […続きを読む]

第72回「錦糸町 Part2」

2016年7月27日 aoyama 0

第72回「錦糸町 Part2」    夏本番、いかがお過ごしでしょうか。暑い暑いと嘆いても涼しくなりませんが、嘆かなくても涼しくなりません。「熱中症防止のため適度に冷房を使用しましょう」と言われても私の部屋にはクーラーがありません。とぼやいていても、誰か霧ヶ峰を取り付けてくれるはずもなく、「にくいね […続きを読む]

第71回「ソ焼ソの心、ソ・ウ・ラ知らず」

2016年6月29日 aoyama 0

第71回「ソ焼ソの心、ソ・ウ・ラ知らず」    第31回でもお伝えした後楽そば最後の砦であった有楽町店が、2016年5月27日をもって幻立喰・ソになってしまいました。常連のみなさんはもとより、葬式立喰・ソの方も含め多数が名残を惜しんで来店、名物の焼きそばは早々に売り切れたそうです。  立喰・ソなのに […続きを読む]

第70回「ソ〜大なソ」

2016年5月30日 aoyama 0

第70回「ソ〜大なソ」    タイトルのおかげさまで、立ち食いそばまたは立ち食いそば屋さん=立喰・ソ、そば=ソと表現せざるをえないというドツボにはまってとっぴんしゃん。さらにソの流れでウドン=ウ、ラーメン=ラ、ヤキソバ=ヤ、スパゲッティ=ス、そしてソウメン=ソ。ん? あれ〜??  さらに容量の少ない […続きを読む]

第69回「胸騒ぎの東池袋(胸焼けに非ず)」

2016年4月27日 aoyama 0

第69回「胸騒ぎの東池袋(胸焼けに非ず)」    多くの常連さんに見送られ、2016年3月25日残念ながら幻立喰・ソになってしまった平和島のあさま。すっとこどっこいな私は、肝心要、要潤さんはうどん県のまわしもの、じゃなくて肝心な店名の由来を聞き忘れていました。「しょうがないよね。いつものことだもん」 […続きを読む]